毛周期と脱毛の関係について

MENU

毛周期と脱毛の関係について

ミュゼ春日部店

毛周期とは、毛が生え変わる時期の事です。この時期に合わせた脱毛は、肌に負担をかけずに毛の再生能力を奪っていきます。成長期の毛にしか効かない脱毛方法では、毛のメラニン色素に反応しているため、1度施術をすると、毛根の部位にダメージが加わって、今生えている毛はそのまま伸びていってある程度のところで自然と抜けてきます。毛根部にはもう力は残っていないのです。

 

そして、次に生えてくる毛は、細く色素も薄くなってきてます。この作業を繰り返すことで、永久的なダメージを与えるのです。

 

毛穴も徐々に引き締まっていくために、肌はツルツルになっていきます。ただ、成長期の毛に施術を行わないと意味がありません。休止期や、退行期の毛に施術をしても、意味はなくて逆に乾燥肌に傾いたりします。ただ、見えている毛は実際の毛の量の約30%の毛のみとされています。

 

施術をしても、黒々とした毛が生えてくることがあります。これは、まだ施術を受けていない毛が生えてきているのです。少ない回数で、効果的な脱毛をするには、肌表面に毛が沢山生えているほうが効果が高いです。3ヶ月ごとの脱毛施術は、うずもれていた毛が生えてきているので、一番効果が高いのではないでしょうか?

 

何回も短い周期で施術を行なうよりも、毛周期に合わせた脱毛をした方が、お金と肌に優しい脱毛方法です。